アートになった猫たち of 青月社

本の詳細

アートになった猫たち(RGB).jpg

A5判・ソフトカバー・248P
定価:1500円+税
ISBN 978-4-8109-1312-5


amazon_buy.gif


*お詫びと訂正

アートになった猫たち


中右 瑛・監修
青月社編集部・編集

歌川国芳から、北斎、広重などによる浮世絵、竹久夢二にビアズリー、現代美術や招き猫まで……

ジャンルや国を横断して集められた秘蔵の “猫アート" 200点以上をオールカラー収録した、ハンディな書籍です。
巻末には、ふろく「猫のぬり絵」を収録。

2017年4月から全国の美術館を巡回する展覧会の、公式図録兼書籍。


◆開催中=新潟県立歴史博物館
「猫と人の200(にゃ~)年―アートになった猫たち―」
 2017年4月15日(土)~6月4日(日)
 http://nbz.or.jp/?p=14135



<目次>

贋作(パロディ)「吾輩は猫である」/中右 瑛

第1章 アートになった猫たち
・日本の近現代版画
・海外の近代版画・商業美術
・日本画・洋画・挿絵
・立体作品
・招き猫いろいろ

第2章 ねこを愛した芸術家たち
 夢二・嗣治・新田猫・漱石・国芳

第3章 今も昔も 暮らしの中に猫がいる[江戸編]
・浮世絵に描かれた猫たち
・江戸時代 猫のいる暮らし

第4章 なぜ猫で描かれた?
・化け猫、芝居の名場面にあらわる
・擬人猫 パロディな猫たち
・シャレ猫模様

第5章 ねこ爛漫 猫で遊ぶ
・猫遊び「双六」
・猫遊び「おもちゃ絵」

第6章 今も昔も 暮らしの中に猫がいる[明治編]
・明治美人と猫
・小説の口絵木版

作家紹介

作品目録

主要参考文献

巻末ふろく 「猫のぬり絵」